Flow家づくりの流れ
予算を決める
ご家族からの贈与、貯蓄、年収、月々の返済金額等を参考にして全体の予算を決めましょう。
お付合いのある銀行に相談することも大切です。
土地を探す
ご家族のご都合(通学・通勤 等)にあった土地を探します。
土地価格の相場を知ることも大切です。広さと価格が決まれば、建築費用もつかめます。
また、ご希望にあった土地でも都市計画で決められた「家を建てるための」条件があります。水道や下水が来ておらず思わぬ出費が必要な場合もありますので、しっかりと土地を調査することが大切です。
プランニング契約から見積りまで
お住まいの設計開始前に、当社と設計契約を結んで頂きます。ご家族のご意向を伺い、調整、図面作成、お見積りまでのご契約です。
雑誌やチラシの切り抜きを集めたり、完成見学会や住宅展示場に行ったりして楽しく情報を集めましょう。
キッチン、浴室、冷暖房、太陽光発電などシステムの内容についてはショールームに足を運んでみてください。
また、弊社の「わがまま」自由設計という名の通り、「お住まい調書」というアンケートにまずは思いっきりご意見をまとめていただきます。ご家族のご意見を盛り込んだ上で図面を作成いたします。
図面完成後にお見積りを作成いたします。
資金計画
ローンを依頼する銀行担当者と調整し借入金額を決定します。土地と建物の費用だけでなく、その他必要経費も忘れずにいれておきます。
住宅ローンに申込んだら、融資審査を受け、審査が通ると住宅ローンのご契約となります。
また、ローンを契約したら土地売買契約時の残金及び不動産業者手数料を支払います。
土地の代金が支払われたらすぐに司法書士に登記の依頼をし、お客様名義にします。
※この時点で土地売買契約を行う場合もあります。
建築請負契約
いよいよ建物の工事が始まります。設計者から「建物重要事項」の説明を受け、工務店との契約をします。
工務店との契約の際、支払い条件は様々ですが、太陽建設では総工費の10%を頭金としてお支払いいただきます。
その後着工にあたり、地元の役所へ図面等関係書類を提出し、建築工事開始の許可を受けます。
なお、審査の申し込みには審査費用をお支払いいただきます。
地鎮祭から着工
いよいよお住まいの工事が開始です。工事中の安全を祈願する祭礼、地鎮祭を、ご家族にお立会頂き催します。 神官さんへのお礼、洗米をご用意ください。
また、地鎮祭を工事の着手として、ご契約金の30%を工務店にお支払い頂きます。
基礎検査
第三者機関による現場検査の第1回、基礎の配筋の検査が行われます。瑕疵保証は工務店に義務付けられています。関係手続きは工務店の費用で行います。
上棟式
出来あがった基礎の上に、柱や梁、屋根が組みあがります。ご家族や大工の棟梁、多くの関係者が集まり賑やかに開催されます。
建築中間支払
上棟式を工事の中間として、ご契約金の30%を工務店にお支払頂きます。
中間検査
第三者機関による現場検査の第2回目、柱や梁、そして地震の時重要になる支持金物の検査が行われます。
完了検査
役所による現場検査が行われます。確認申請の内容の通り建物が建設されたか確認されます。問題無ければ役所より「検査済証」が近日発行されます。
お施主完成確認
お引渡し前に、クリーニングをおこない、日時をきめてご家族に「お住まい」の検査をお願いします。
お引渡
鍵、各種保証書、住宅設備取扱説明書、等々をご説明の上、お渡しをします。
建築最終支払
追加や減額された工事内容をご確認いただき、契約金額より差引清算、お支払金額を事前にお知らせします。お引き渡日に、当社にご入金頂きます。
ライフライン各種手続き
水道、下水、電気、ガス、場合によってケーブルTVなどの利用手続き及び工事を、引越し前日までに完了します。ご家族の生活には不可欠なものばかりです。
お引っ越しと建物登記登録
事前に 工事終了日、引渡日を確認。 アパート等の明渡日を大家さんに連絡し、お引越し。予定日は余裕をもって決定し、業者手配をしておきます。
お引っ越し後すぐに司法書士に建物登記申請を依頼します。建物の登記が完了すると、その建物はご家族のものとなります。

トップに戻る