Hybrid Solarハイブリッドソーラー

ハイブリッドソーラーハウスとは

ハイブリッドソーラーハウスとは、太陽エネルギーを最大限に利用した太陽熱利用住宅のことです。
太陽熱を床に蓄熱することにより床暖房することができて、24時間家中が温かいことを実感できます。
24時間家中が床暖房で暖められるため、家中の湿度と温度が一定に保たれ快適に過ごす事ができ、
またヒートテックへの影響も激減させる事ができるため大変環境にやさしいシステムなのです。湿度が保たれることにより結露や、アトピー・喘息等の原因となるダニやカビの発生も大幅に抑える事ができます。
ハイブリッドソーラーハウスの主燃料は太陽熱なので、床暖房だけでなく、生活に必要なお湯も沸かすことができます。
ハイブリッドソーラーハウスは環境にやさしいエコ住宅であり、なおかつ人にも優しい健康住宅なのです。

ハイブリッドソーラーハウスのしくみ

ソーラー蓄熱暖房

寒い時期、太陽が出ていれば、屋根のコレクター不凍液が温められます。この温まった不凍液は床下のパイプを循環し、家中を床から暖めてくれます。太陽熱は昼間に蓄熱され、夜から翌朝にかけての床暖房に利用されます。
また、屋根で暖められた不凍液は、床下を循環しながら同時に残った熱で給油にも利用されます。

補助暖房

日差しがないとき、太陽エネルギーが充分に受け取れない時は、補助ボイラーが自動的に運転し、床の蓄熱温度を確保してくれます。

ソーラー給油

温かくなり、暖房が要らなくなったら、太陽熱を利用して370リットルのお湯を作ります。
春から秋まで、天気さえよければそのままお風呂に入る事ができます。もちろん冬でも天気のよい日は暖房をしながら同時にお湯をわかせます。

トップに戻る