晴耕雨読

社長ブログ「晴耕雨読」・・・「ここ 食卓から始まる生教育」内田・佐藤共著
null
先週日曜日、子供会育成会の集まりに参加してきました。総会に続き「食育」についての講演会が準備されていました。こういった講演会、不謹慎ですが、すこし退屈といったイメージがあります。総会後、参加者が少なくなった会場で、ある校長経験者の先生が、8分間の映像をみてください。と促され、語りといくつかの画像が紹介されました。
話しは、余命5カ月と宣告された母親が、「お味噌汁」の作り方を我が子にを教え、「毎朝お父さんにつくってあげてネ」と約束し逝った、というお話です。幼い子供は、毎朝早く起きだし、せっせと「お味噌汁」をつくりました。お父さんは「おいしい。おいしい。」と子供を褒めます。自分のつくった「お味噌汁」をとっても喜んでくれるお父さん。子供は考えます。「そうだ、夕御飯もつくれば。もっと喜んでくれるはず。」ある日、お父さんが帰宅します。子供はもう眠っていました。食卓には、苦心の料理と「お父さん、ごごくろうさま」たどたどしい字で書いた手紙が添えられていました。味はお世辞にもおいしいものではなかったそうです。お父さんは「ありがとう。とても美味しかった。でもね、無理しなくていいんだよ・・・」と、子供はうれしくってその後も料理を作り続けているそうです。
会場の明かりが付きました。ほとんどの参加者が目頭を押さえ、ハンカチで涙をぬぐっています。講師は、赴任した小学校での「お弁当」の時間のはなしを加えて紹介されます。子供たちがつくる「お弁当」は食材から自分が買ってくる。親は指導はするが手を出さない。こうしてできた「お弁当」は、家庭に団欒を戻しました。こどもに自信を持たせました。そして、自分たちが生きているのは、周りの人々、食材をつくる人々、社会の人々のおかげということを知りました。
「食育」っていうのは、健康と生活の規則正しさを教えてくれる教育。と浅はかにも思っていた自分が恥ずかしくなりました。もっと進んで、子供たちの健全な発育・自立・社会性を育んでくれるもの・・・・。
講師は、云いました。「この絵、素敵でしょう」あのお味噌汁を毎朝作り続けているこども、安武はなちゃんが描いた絵ということです。とても素敵なお話でした。この本は、講師のお仲間の本です。講演の内容と合わせて読ませていただきました。「食育」本当に大切。身近の者は「3回ほど泣いた。よかった。」といっていました。
Data:2011年05月28日 / カテゴリー: 社長ブログ / 投稿者: taiyo
「晴耕雨読」
今回 ホームページをリニューアルしました。その中には必ず「社長ブログ」を掲載するのが定番。でもね 「社長ブログ」では何故か腑に落ちないのです。 それで少し考えました。結果、以前からいい響きのある「晴耕雨読」をタイトルに持ってきました。なかなかこんな生活できませんよね。ちょっと思い浮かべてくださいよ。晴れた日は畑に出て田を耕し汗をかき、雨の日は静かに雨だれを遠くに聴き、大好きな本を読む。とってもいいでしょ。そういえば、比べることもはばかられますが、あの白洲次郎さんがドラマの中で仕事のあいまに田を耕していたシーンがありましたよね。そうそう、年末にやってた「坂の上の雲」で乃木希典さんも同じシーンがありました。司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」では 当時(明治?昭和戦前)の男子の立身の道は文人か軍人、特に希典さんは子供たちは軍人でなければ農民にしたい考えがあったと書いていたと思います。日本の生活の基本は「農業」にあったんですね。季節を愛し、時の流れに逆らわず自然に生きてく・・・。誰か「おいおい歳じゃないの?じいちゃん」といっているような・・・。でも、最近リタイヤ就農の人たちが増えているの知ってます? 世間では今回の震災で大変なことになって本当にお気の毒なことと思っていますが、国の根本の「農業」ができない生活。これはまずいでしょ。
Data:2011年05月19日 / カテゴリー: 社長ブログ / 投稿者: taiyo
龍馬伝
今日は、朝からお客さまあり 団体の例会が1件 総会が2件ありで ほんとに忙しい一日となりました。 先ほど終わった会では あの「龍馬伝」の脚本家福田靖さんの講演があり 氏の軽快な口調に魅入られ 久々に「得したぁ」って感じでした。 坂本龍馬って司馬遼太郎の「龍馬がゆく」で語られた 物おじしない 豪快な姿が(何の疑問も持たず)当然のイメージ。 そこをどのように乗り越え 自分のものにしていったのか?を 素晴らしく わかりやすく お話して頂きました。 NHK大河ドラマは よく思い返すと 「花の生涯」もっというと時代劇でなかったその前のドラマ「若い季節」から見ていたようです。 大方は見てきました。 「龍馬伝」はフィクション 物語の迫真に満ちたストリー、絶妙のキャスティング 秀逸でした。 驚いたことに 福田靖さん 私より年下。 ドラマはエンターテイメント 分かりやすく 面白くなくっちゃ 本当にそんな講演でした。

☆ 私たちの「お住まいづくり」もそうなんです。 お客様に夢中になって楽しんでいただき 良い「お住い」をご提供したいと・・・・難しいですねぇ☆ 

そういえば 龍馬の父親役の児玉清さんがなくなったんですよね。 NHK「週刊ブックレビュー」では いろいろな本を分かりやすく紹介してくれていたんですよ。 寂しいですね。
Data:2011年05月18日 / カテゴリー: 社長ブログ / 投稿者: taiyo
太陽建設社長のブログです
太陽建設株式会社の社長、宮川がいろいろ書きます!
乞うご期待!!
Data:2011年03月17日 / カテゴリー: 社長ブログ / 投稿者: sysad
家づくりアイデア募集!

家づくりに関するアイデアを募集しています。
投稿者の中から毎月抽選1名様に素敵な商品をプレゼント!
詳しくはこちらをご覧下さい。

投稿する アイデアを見る
施工対応地域

岐阜県西濃エリア(大垣市・神戸町・垂井町・関ヶ原町・安八町 他)
その他地域に関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

太陽建設株式会社

岐阜県安八郡神戸町大字川西56番地

Free:0120-27-0223
TEL:0584-27-2223
FAX:0584-27-3223